相互薬工の特色

1.堅実な経営

派手さはありませんが、内部留保が厚く、きわめて健全な財務体質をほこっています。

  • 業績については、こちらをご覧ください。

2.研究開発型企業

当社の有機合成の技術・研究開発力は業界においても高く評価されています。
電子材料、機能性化粧品原料の研究など最先端の技術を有してします。

  • 受託製造への取り組みについては、こちらをご覧ください。

3.積極的な設備投資

時代の進歩の早さに対応するため、医薬品製造のためのGMP対応設備・世界初の光反応設備・高度な管理が要求されるステロイド剤生産設備等最先端の設備をいち早く取り入れています。

  • 設備については、こちらをご覧ください。

4.離職率の低さ

離職率は比較的低く、長期に渡って勤続する社員が大多数を占めています。

  •  離職率や有休消化率については、「就職四季報」に掲載しています。

5.社会を陰で支えています

当社の製品を社会で直接目にすることはありません。
しかし最終製品の状態では、様々な医薬品、化粧品(資生堂、ロレアル、Dior)、家電製品など比較的身近な所に使われています。

採用実績校

直近約10年間の採用実績校を記載しています。

指定校制度は採用していないため、幅広い大学からご応募いただき、採用に至っています。

大学院

いわき明星大学大学院理工学研究科物質理学専攻男子
桜美林大学大学院国際学研究科 男子
九州工業大学大学院工学研究科物質工学専攻男子
佐賀大学大学院工学系研究科循環物質化学専攻男子
東京医科歯科大学大学院生命情報科学教育部高次生命科学専攻男子
東北薬科大学大学院薬学研究科薬学専攻男子
長崎大学大学院生産科学研究科物質工学専攻女子
北海道大学大学院総合化学院総合化学専攻男子
横浜国立大学大学院工学府機能発現工学専攻男子

大学

いわき明星大学科学技術学部生命環境学科男子
いわき明星大学理工学部環境理学科男子
宇都宮大学工学部 応用化学科女子
神奈川工科大学応用バイオ科学部応用バイオ化学科男子
神奈川工科大学工学部応用化学科男子
九州産業大学工学部工業化学科男子
崇城大学工学部ナノサイエンス学科男子
千葉工業大学工学部生命環境科学科男子
福岡工業大学工学部生命環境科学科男子
早稲田大学先進理工学部化学・生命化学科女子

高等専門学校

鶴岡工業高等専門学校物質工学専攻男子
福島工業高等専門学校物質・環境システム工学専攻女子
有明工業高等専門学校物質工学科 女子

高等学校

平工業高等学校情報技術科男子
勿来工業高等学校工業化学科男子

従業員の状況

従業員数120名(男子101名、女子19名)
  (大卒以上:男子75名(うち院卒26名)、女子11名(うち院卒5名))
  (薬剤師免許所持者8名)
平均年齢 40.0歳(男子40.3歳、女子39.3歳)
平均勤続年数 16.8年(男子17.2年、女子15.3年)

ページのトップへ戻る